人気ブログランキングへ

2010年03月04日

党運営の意見聴取




自民党は4日朝、前日に続き、谷垣禎一総裁らが中堅・若手議員から党運営などへの意見を聞く会を開いた。


4日の意見聴取は当選5回の衆議院議員が対象で、議員からは自民党の支持率が上がらないことに対する危機感や、先週、衆議院予算委員会で審議拒否をしたことなど国会対応のまずさを指摘する声が上がった。


菅義偉議員「やっぱり自民党は変わっていないんじゃないかと。特にやはり、予算委員会などを通じて、ベテラン議員の人たちも多かったわけですから、そこでやはり世代交代、新しい人たちに党が変わったということがわかるような形を作ってほしいと」


平沢勝栄議員「例えば、この間の審議拒否ね、地域を回ったら大変評判が悪いと。審議拒否をやったことについて責任をとれという声も出ました」


これに対し、谷垣総裁ら執行部は「主張はよくわかった。今後もこういう会合を開く」などと応じたが、具体的な対応策は示されなかったという。


また、自民党額賀派の総会では、舛添要一前厚労相による「谷垣おろし」発言に反発する声が相次いだ。出席した複数の議員が「地元で『また内輪もめか』と言われ、困っている。党内の悪口を言っている場合か」などと舛添氏の発言を批判した。額賀福志郎元財務相は「党がきちっと一致団結してまとまっていかないと、この前の衆議院議員選挙で、党がてんでバラバラでは(よくない)、そういう話は申し上げました」と話した。




なんというか、馬鹿な国日本(笑)




ラベル:自民党
posted by i-Milk at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

協議機関設置、野党に呼び掛け=企業献金見直し




民主、社民、国民新の与党3党幹事長は4日午後、
国会内で会談し、企業・団体献金の在り方を検討する与野党協議機関の設置に向け、野党側に協力を呼び掛けていくことを確認した。

また、
国会議員の報酬について、日割り制の導入を目指すことでも一致した。





どうせ止める気無いですよね^^




posted by i-Milk at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆政治☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速割引財源




11.jpg


政府は、
高速道路の料金引き下げなどに充てられている資金を道路建設にも使えるようにする法改正案を通常国会に提出すると発表した。

政府が今国会に提出するのは、
道路整備事業財政特別措置法の改正案で、これまでこの法律によって高速道路の「休日、上限1000円」の割引などが行われてきた。この事業には09年度と10年度に5000億円の予算が充てられているが、改正案はこの一部で高速道路を新しく造ることができるようにするという。

民主党は、去年末の重点要望で建設を高速道路会社に一任し、
国が支援するとしていた。国交省・馬淵副大臣は会見で、これまでの高速道路建設の考え方と矛盾するものではないとした上で、政務三役で6月までに議論を進めるとしている。




建設より我々によこせって感じ!




posted by i-Milk at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆ニュース☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。